米沢牛は恵まれた自然の中で育てられている話

米沢牛が育てられているのは米沢市です。置賜盆地という東西南北を山で囲まれた場所で米沢牛は育てられています。周囲の山から流れて出てくる清流と緑が豊かな自然の中で育てられていることが、米沢牛の成長には必要不可欠な条件となっています。冬は雪の覆われて非常に寒い気候となります。そして夏は湿度も気温も高くなります。その厳しい自然条件が繰り返される中で、米沢牛の逞しさが育まれていきます。

そしてそのような最適な自然条件を最大限に利用する生産者の努力こそが、米沢牛の肉質を高めていると言っても過言ではありません。餌となる飼料も血統も、同じものが日本全国で得ることができます。

しかし前述した自然環境と米沢牛の育て方は、米沢市の生産者に特異なものです。一頭一頭に対して、愛情が注がれ、常に健康状態がチェックされ、のびのびと育てられて行きます。子牛は、恵まれた気候の中で、2年の年月がかけられて、質の高い牛肉を提供する成牛へと育っていきます。是非、食べてみたい方は、米沢牛を通販で買ってみてはいかがでしょうか。