火災保険を使って自宅の屋根を修理しました。

昨年のことですが自宅の部屋が破損しました。その理由は経年劣化していた自宅の屋根の部分が大阪にもたらした台風による風や大雨で更にダメージを受けました。

その時は早急に修理をしなければ雨漏りがするなどではありませんでしたが、更に台風や強風が吹き荒れてしまうことがあれば大きなダメージに繋がると思ったので修理をする事を検討しました。

自宅の部屋を修理しようと思った大きなきっかけはご近所さんが台風被害でやられてしまった部屋を火災保険を使って修理ができたと言う体験談を話してくれたことです。

もしかしたら我が家も火災保険内で修理ができるかも知れないと思ったので、業者さんを探して見積り依頼をお願いしたのです。

業者さんが屋根にあがり見積りをしてくれた結果、台風でやられいる箇所を放置すればやがて大係りな修理が必要になると言われたので、早急に修理をしてもらうことにしました。

また屋根の修理は火災保険が適用されてる事も分りましたので金銭的にもとても助かりました。これまで火災保険はお守りかわりにかけていたようなものなので、まさか屋根の修理で使えるとは思ってもいませんでしたが、無恥である事は恥ずかしいと思いました。また台風被害でやられた屋根を修理するのに火災保険が適応されることを教えてくれたご近所さんにも感謝をしました。

こうして我が家の部屋は無事に保険内で修理をしてもらう事ができて見違えるような屋根になりました。とてもほっとしております。